MENU
MENU

地場工務店の家づくり

01

テクノストラクチャー工法

耐震性能・耐久性能

「先進技術」で
安心して
永く住める丈夫な構造

高性能を誇るパナソニックテクノストラクチャー工法の家。
1棟1棟構造計算をして建てる家だからこそ、耐震性が高く、
省エネ性に優れた長期優良住宅仕様。

耐震性・耐久性を兼ね揃えたパナソニックのテクノストラクチャー工法

耐震性・耐久性を兼ね揃えたパナソニックのテクノストラクチャー工法

家族にとって、みんなが笑顔で楽しく暮らす事ができ、ずっと健康でいられる家こそが理想的です。
地場工務店の家づくりでは、
木に鉄を組み合わせた高強度の梁(テクノビーム)と専用のオリジナル接合金具を使用することで、
木の弱点を抑えた耐久性、耐震性に優れた
快適な住まいを実現します。

3 elements家の強度を測る3つの要素

  • 壁の強さ
  • 部材の強さ
  • 地盤・基礎の強さ

この3つの要素で家の強度を測り、
これらを確認するには許容応力度計算壁量計算という2つの計算方法があります。

スクロールできます
許容応力度計算 壁量計算
壁の強さ 壁量

鉛直構面の検査

△ 簡易な計算(壁量計算)
耐力壁配置

偏心率の検定

△ 簡易な計算(四分割法)
床強度

水平構面の検定

×
部材の強さ 壁量

柱の断面算定

× 柱の小径確保
耐力壁配置

梁・小梁・母屋梁・束柱・棟柱の断面算定

× 横架材の欠込み禁止
床強度

柱脚柱頭接合部の検定

△ 簡易な計算(N値計算)
床強度

梁結合部の検定

×
地盤・
基礎の強さ
基礎強度

接地圧・転倒の検定
基礎スラブ・基礎梁の検定
アンカーボルトのせん断検定

× 地盤調査に基づく設計

複雑で難しく、知識も手間も必要なので、
約9割の住宅会社が「許容応力度計算」を行わず、「壁量計算」のみです。

全ての要素を緻密に調べられるのは許容応力度計算!
地場工務店は「許容応力度計算」を全ての家で実施いたします!

Movie動画ライブラリー

地震に強いテクノストラクチャー工法とは

  • 地震に負けない住まいをつくるために大切なポイントとは?

  • テクノストラクチャーの家について、分かりやすくご紹介